計測機器に必要な校正に掛かる費用について

   

計測機器はモノづくりや品質管理に欠かせない装置の総称、1年に1度、もしくは2年毎などのように定期的な校正を行う事は測定や計測の信頼性を維持する事に繋がります。正確に測る事が出来るのか、誤差がある場合にはどれだけの差が生じるのかを把握した上で測定や計測を実施します。
大半の場合が、購入した会社のサービスなどを利用して装置の信頼性をチェックして貰う事になりますが、専門の会社に誤差の有無などを確認して貰うケースもあります。いずれの場合も、費用が掛かる事になりますが、幾つかの会社に見積もりを依頼すれば、少ない予算で確認が出来るメリットに繋がります。普段利用している専門機関がある場合でも、オシロスコープや3次元測定器も対応しているなど幅広いジャンルのチェックが出来る機関があれば見積もりがお勧めです。

費用相場を把握する方法について

計測機器が信頼出来るものであるのか否かを知る事が出来るのが校正です。表示される数値が正しいのか、誤差がどのくらいあるのかを知っておけば、測定を行う時には誤差を差し引きして計算が出来るようになります。仮に、特定のレンジで大幅な誤差が生じる事を把握出来れば、特定レンジでの使用は禁止する事も可能です。誤差が大きい時などは新しい測定機器の購入を検討すれば正確な計測が出来るようになるわけです。
費用は専門機関毎に異なるため、幾つかの専門機関に対して見積もりを依頼するのが良いでしょう。見積もりを数社から取り寄せれば、相場を把握出来るようになりますし、事前に相場を知っておけば予算を決める時にも便利です。色々な測定機器を利用している会社などの場合は、予算に合う専門機関を選ぶ事が経費の節約に繋がります。

ラベルの貼り付けや証明書の発行について

計測機器を専門機関に校正の依頼を行う事は、該当測定器の信頼性を確認出来るメリットに繋がり、測定したデータが正しい証明になります。但し、証明を行うためには専門機関が発行するラベルの貼り付け、証明書の発行などが重要なポイントになります。検査が完了していると言っても、第三者にはいつ検査を行ったのかが分かりません。クライアントの監査を受ける時などは証明書を提示する事で検査が行われている事が分かりますし、ラベルにより有効期限の確認が出来るようになります。
ラベルの貼り付けや証明書の発行、トレーサビリティ体系図発行などの費用は基本料金に含まれているケースが多いため安心です。但し、依頼する前にこれらの費用が基本料金に含まれているのかを確認しておくと安心です。

ピックアップ記事

流れを把握しよう!計測機器には校正が必要

デジタルノギスなどの計測機器を使って測定をした所、表示された数値が図面とは異なっている、公差から外れている場合には、金型を直さなければなりません。これはデジタルノギスが正確に測る事が出来る校正が行われ...

計測機器に必要な校正に掛かる費用について

計測機器はモノづくりや品質管理に欠かせない装置の総称、1年に1度、もしくは2年毎などのように定期的な校正を行う事は測定や計測の信頼性を維持する事に繋がります。正確に測る事が出来るのか、誤差がある場合に...

計測機器の種類や校正が必要な理由と方法について

計測機器には長さを計測するもの、重さや硬さなどを計るものなど様々な設備機器があります。最近は、測定結果をデジタル表示してくれるため、その都度目盛を読む必要がありませんし、100分の1や1000分の1な...